- Now Loading -

- Now Loading -

ここがすきな10の理由

親子で交通ルールを学びながらゆったりすごす 県営各務原公園(前編)

ここがすきな10の理由  - 親子で交通ルールを学びながらゆったりすごす 県営各務原公園(前編)

県営各務原公園は、かつては全国各地に存在した「交通公園」の要素が今でも残る珍しい公園です。ゴーカートや自転車を走らせることができるコースには、本物の道路さながらに信号機や標識があり、乗り物を楽しみながら交通ルールを楽しく学ぶことができます。また、親子でゆったりとピクニックをしたり、ドッチビー(貸出あり)などで身体を動かして遊んだり、いろいろな楽しみ方ができる広い芝生エリアがあるのも嬉しいところ。安心して親子で心地よくすごすことができる「県営各務原公園」のすきな理由を、まずは5つご紹介します。

1 本物みたいな道路をゴーカートで走って気分爽快

信号や標識、踏切まである本物さながらの道路を走ることができるゴーカートは、この公園の一番人気。身体の大きさに合わせて3種類のゴーカートがあるので、幼児から小学校高学年まで、それぞれに合った乗り物で楽しむことができます。

2 はじめての交通ルールを親子で楽しく学べる

子どもたちが、ゴーカートに乗る前に「はじめての交通ルール」を学ぶことができるのも、この公園ならでは。職員さんが手作りした紙芝居を使って楽しく交通ルールを教えてくれるから、子どもたちも楽しみながら学べます。

3 広い芝生エリアで空の大きさを感じることができる

広い芝生エリアは、ピクニックをするのもいいし、走り回って遊ぶのにもいい場所。ごろんと仰向けに寝転がれば、街中では感じることが難しい空の大きさや雲の流れ、風の心地よさを存分に感じられるはずです。

4 アスレチックでおもいきり身体を動かして遊べる

アスレチックエリアには、全部で14個ものアトラクションがあります。手足やバランス感覚も使いながら、アトラクションをひとつひとつクリアしていくのは、ゲームの主人公になったような気分。コースを変えながら遊ぶのも楽しいですよ。

5 子どもたちが安全に自転車に乗る練習ができる

ゴーカートのコースの内側には、小さい子どもが自転車に乗る練習ができるエリアがあります。ストライダーとヘルメットは100円で貸し出しているので、手ぶらで訪れても大丈夫。ゴーカートも含めて、車通りがないので、安全です。