- Now Loading -

- Now Loading -

わたしのすきな場所

大好きなBBQでお客様を笑顔にできる場所

わたしのすきな場所 - 大好きなBBQでお客様を笑顔にできる場所

世界淡水魚園は、自然の中で心地よい時間を過ごせるというだけでなく、水族館や観覧車など、楽しいエンタメ要素が詰まっているところも魅力。今回、お話をお聞きするスタッフの則武一輝さんとの待ち合わせは、彼の持ち場である「BBQ CANVAS」。おじゃますると、賑やかにBBQを楽しむお客さまたちをにこやかに見守る則武さんの姿がありました。

すきな場所:BBQ CANVAS
則武 一輝さん(世界淡水魚園)

きっかけは、ここで過ごした時間が最高に楽しかったから

おじゃましたのは、世界淡水魚園の一角にあるBBQエリア「BBQ CANVAS」。カラフルでかわいらしいゲートをくぐるとテントがずらりと並び、グループごとに家族連れやお友達とBBQを楽しむみなさんの楽しげな声が聞こえてきます。その様子をニコニコと見守りながらエリアを歩いてまわる則武さんの姿を見つけました。

「楽しそうですね!」そう声をかけると、「やー、みなさん、楽しそうなので混じりたくなっちゃうんですよね!(笑)」と則武さん。

彼が選んだ好きな場所とは、待ち合わせしたまさにこの場所。彼の仕事の持ち場です。お仕事しているから好きな場所なのかと想像していたら、その逆。好きだから働きはじめたのだそう。
 

「もともとは、ここにお客さんとして何度か来たことがあったんです。しかも、ここが主催する婚活イベントに参加させてもらったんですよ。それがめちゃくちゃ楽しくて!こういう楽しい企画をする場所っていいなぁって思って、それがここで働こうって思ったきっかけなんです。あ、そのイベントでは残念ながら恋は生まれなかったんですけど、友達はたくさんできました!なので、そういう意味でいい出会いはちゃんとありましたよ!」

ここで働きたいと採用試験に挑んだ則武さんですが、実は、1回は採用ならず。その理由のひとつに、接客業の経験がなかったことがあったことで、一念発起。接客業の経験をするために、石川県の旅館で短期の仕事をしたのだと言います。
 
「世界淡水魚園で働きたいっていう気持ちはどこかにずっとあったので、接客業の経験を積むいい機会だと思って、旅館の仕事に挑戦することにしたんです。そうしたら、数ヶ月経った頃にここの採用担当の方にご連絡をいただいて。働いてみませんか?と。もちろん、お願いします!と答えました!」
 

喜んでもらうのが好きだから、どんな仕事も楽しめる

もともと、プライベートでもBBQをするのが趣味だという則武さん。それは確かに、楽しそうなお客様を見れば、自分も一緒にやりたくなっちゃいますよね。

「プライベートでは、自分で食材買って、機材持って、それで友達誘って、っていう感じですね。完全にホスト役に徹してます。でも、それで友達が楽しんでくれたり喜んでくれたりすると嬉しくなっちゃって。こういう性分だから、ここでの仕事も楽しんでできているんだと思います」

ここの仕事の好きなところってどんなところですか?そんな素朴な質問を投げかけてみました。 「今までは裏方の仕事が多かったので、お客様の反応を間近で感じられるのが嬉しいですね。繁忙期にはドリングブースを作って、そこを担当させてもらったんです。BBQエリアのちょっとしたバーみたいで、ほろ酔いのお客さんとおしゃべりしたり、どんなものが飲みたいかお聞きして作って差し上げたり、そういうのも楽しかったです」 手ぶらで楽しめる「BBQ CANVAS」だから、準備から片付けまで、スタッフの仕事は地味に大変なはず。それでも、則武さんはどんな仕事でも楽しくて仕方がないという様子。喜んでもらうのが大好き。そんな彼にとって、この場所で働くことは天職なのかもしれませんね。
 

 
ちなみに、則武さんはここで働くようになってから、食材を美味しく焼く方法や火加減などをマスターする「バーベキューインストラクター」の資格も取得したのだとか。そんな則武さんに、オススメの具材と焼き方をお聞きしてみました。 「コースの中では、ダイナミックに焼いてみなさんで食べていただける400gのリブロースですね。ちゃんと焼き方をお教えするので、誰でも失敗なく美味しく食べることができますよ。あとは、コースを頼んでいただければ食材の持ち込みがOKなので、ぜひピーマンを持ってきてください。焼く前にオリーブオイルを軽く塗って、切らずにそのまま焼くんです。全体的に焼き色がついたら熱々を食べてください。種まで食べられます。切って料理するのとは一味違った美味しさを体験してもらえると思いますよ!」